ホワイトニングと口臭予防ができる歯磨き粉

歯の黄ばみも口臭も気になる…なんとかしたいですよね!

歯の黄ばみって気になりますよね。コーヒーや紅茶が好きな方、タバコを吸う方は特に気になると思います。さらに、黄ばみだけでなく口臭も気になると思います。

 

そこで、歯を白くホワイトニングしながら、口臭も予防できる歯磨き粉をランキング形式で紹介します。歯の黄ばみ、口臭、どっちも解消したい!という方は、是非ご覧下さい。

 

→ホワイトニングしながら口臭予防もできる歯磨き粉ランキングはこちら

口臭の原因にはどんなものがあるの??

口臭の種類や原因には、大きく分けて2つあります。それは、生理的口臭という誰にでもある口臭と、病気による口臭の2種類です。

 

生理的口臭

ベッドであぐらをかいている女の子
朝起きた直後、空腹時、緊張している時、体調が悪いとき、疲れているとき、口呼吸が多い時、ストレスが溜まっている時に一時的に口臭が強くなります。このようなとき、唾液の分泌量が減って、口の中に残った食べかすを洗い流す効果が弱くなります。その結果、食べかすが残り、口臭が強くなってしまうのです。

 

また、ホルモンバランスによっても口臭が強くなります。妊娠時、月経時など女性特有のもののほか、乳幼児期、学童期、思春期、成人期、老齢期など、それぞれの年代特有の加齢臭もあります。常に臭いわけではなく、時々臭うことがあります。生活習慣が原因ですので、治療の必要はありません。水分をとって唾液の分泌量を増やしたり、口呼吸をやめれば口臭は改善されます

 

にんにく
また、酒、タバコ、にんにく、ネギ、焼肉、魚など飲食や嗜好品によっても口臭が起こります。コーヒーや紅茶はカフェインを含みます。カフェインは唾液の量を減らすので、口臭の元となります。コーヒーは、豆の焦げ臭い独特のにおいやコーヒー豆の粒子が、舌に溜まって臭うこともあります。だから、コーヒーを飲むと舌が茶色くなりますし、においもキツくなりますよね。

 

タバコは、ニコチンが唾液の分泌量を減らし、タールのにおいは舌や歯垢にくっつきます。タールはヤニ臭さのもとでもあるので、タバコを吸う人は口臭が強くなるのです。飲食・嗜好品による口臭は、飲食した直後、タバコを吸った直後はにおいますが、時間の経過と共ににおいは軽減するので、特に治療は必要ありません

 

病気による口臭

虫歯イメージ
歯周病や虫歯など、病気による口臭もあります。病気による口臭は、治療しないと解決しません。病気には様々なものがありますが、代表的なものは、歯周病、虫歯、口内炎、蓄膿症、扁桃腺の病気など口の中の病気のほか、逆流性胃腸炎、慢性気管支炎、糖尿病、肝臓病、腎不全など口の中以外の病気も原因となります。これらが原因の場合は、治療しないと口臭は改善しません

 

 

口臭には様々な理由がありますが、口臭の原因の90%は虫歯・歯周病と言われています。虫歯や歯周病になると、口の中の細菌が増え、口臭の原因となります。病気による口臭を改善させるには、歯磨きをしっかりして、細菌が少なくなるようにしましょう。

どんな成分が入っていれば口臭を予防できるの?

口臭を予防するには、虫歯や歯周病を治療し、細菌の数を少なくすることが有効であることがわかりました。病気による口臭を防ぐため、虫歯や歯周病を予防する成分が入っているもの、生理的口臭を防ぐためにすーっと爽やかになる成分が入っているものがおすすめです

 

具体的にはどのような成分が配合しているものがよいかまとめました。

 

天然ハーブ

植物オイル、植物エキスなどの天然ハーブは、口の中に潤いを与え、歯を保護し、抗菌作用などがあります。口の中が乾燥すると口臭の原因になりますが、潤いを与えることで防止することができます。

 

フッ素

フッ素は歯の再石灰化を促し、初期虫歯を治します。また、歯を強化したり、虫歯菌の活動を抑制することで、虫歯になりにくい強い歯にしてくれます。菌の活動が少なくなるということは、口臭を防ぐことができます。

 

ポリリン酸ナトリウム

歯の再石灰化作用があり、虫歯になりにくくしてくれます。また、歯垢を除去してくれる効果があるので、口の中の細菌を抑制し、口臭を防ぎます。

 

ココナッツオイル

ココナッツオイルはタレントがオイルプリングをしていることで有名ですよね。オイルプリングとは、オイルでうがいをすることです。うがいといってもガラガラのうがいではなくて、15分ぐらいくちゅくちゅしてから吐き出すうがいです。

 

ココナッツオイルには、ラウリン酸という成分が入っており、強い抗菌作用により細菌を除去して口臭を防ぎます。また、歯磨きでは取り除けない歯垢を落としたり、歯周病を予防する効果があります。歯周病は口臭の原因になるので、ココナッツオイルはオイルプリング以外にも、歯磨き粉に入っているとよい成分になります。

 

ハッカ油・メントール

スーッと爽快感のあるハッカ油は歯磨き粉やマウスウォッシュに入っており、口の中をさっぱりさせる効果があります。それは、ハッカ油の中にメントールという成分が入っているからです。殺菌力があり、消臭効果もあるので、口臭対策にはぴったりの成分です。

 

キシリトール

虫歯の原因となるミュータンス菌の増殖を抑える効果があり、虫歯予防や口臭予防に効果的です。また、スースーする成分なので口の中もすっきりします。

 

 

このように、口臭は虫歯や歯周病が原因なので、それらの病気を予防する成分や、菌の増殖を抑える成分、ミントのような香りと、スーっと清涼感のある成分が有効です。

ホワイトニングをしながら口臭も予防できる歯磨き粉ランキング

歯のホワイトニングをしながら、口臭予防もできる歯磨き粉のランキングを紹介します。

はははのは
はははのは

「はははのは」には、ポリリン酸ナトリウムメタリン酸ナトリウムがエナメル質から着色汚れを浮かび上がらせ、パパインというタンパク質分解酵素が剥がし落とします。使い続けるうちに歯本来の白さになっていきます。

 

ココナッツオイルが口の中に潤いを与え、ハッカ油がスーっと清涼感を与えてくれます。虫歯や歯周病、口臭予防効果もあります。

 

「はははのは」は定期購入にすると定価より安く購入できます。また、10日以内なら全額返金保障もあるので、使ったあと、お口に合わない場合は、10日以内であれば解約しても大丈夫ですし、定期便は1回だけの購入でもOKなので、気軽に始めやすいホワイトニング歯磨き粉です。

 

「はははのは」の詳細はこちら>>>

定期便の価格 成分 評価

通常価格3,500円が
1回目
 →約43%オフの1,980円
2回目
 →約15%オフの2,980円
※表示価格は税込

ホワイトニング成分
・ポリリン酸ナトリウム
・メタリン酸ナトリウム
タンパク質分解
・パパイン
口臭予防成分
・ココナッツオイル
・ハッカ油

ホワイトニング,口臭予防,歯磨き粉

ちゅらトゥースホワイトニング
ちゅらトゥースホワイトニング

ちゅらトゥースホワイトニングは、ポリアスパラギン酸という成分がエナメル質と着色汚れの間に入り込み、汚れを浮かせ、リンゴ酸が浮かび上がったステインを落として、歯本来の白さに戻していきます。

 

ステビア、キシリトール、メントールを配合しているおかげで、爽やかな使い心地です。ちゅらトゥースホワイトニング独自の成分であるGTOは虫歯を予防し、口内の細菌の数を抑制するので、結果として口臭予防にもなります。

 

定期便を購入すると通常よりお得になり、初回は33%オフの3,980円(税別)です。2回目以降も16%オフの4,980円(税別)で、送料も無料です。注意点は、定期便は最低3回購入しなければなりません。3回購入すると、3,980円+(4,980円×2)の13,940円(税別)かかります。

 

ちゅらトゥースホワイトニングの詳細はこちら>>>

定期便の価格 成分 評価

通常価格5,980円
1回目
 →33%オフの3,980円
&送料無料
2回目以降
 →16%オフの4,980円
※表示価格は税別

ホワイトニング成分
・ポリアスパラギン酸
・リンゴ酸
口臭予防成分
・ステビア
・キシリトール
・メントール など

ホワイトニング,口臭予防,歯磨き粉

プレミアムブラントゥース
プレミアムブラントゥース

プレミアムブラントゥースは、パパインというタンパク質分解酵素が歯垢を除去します。使い続けると、歯本来の白さに戻っていく、植物の成分たっぷりの歯磨きです。

 

ココナッツオイル、茶カテキン、ウーロン茶エキスは口内の細菌を抑制し、虫歯を予防し、健康的な口内にします。また、メントール、キシリトール、ハッカ葉油を配合しており、爽やかな使い心地です。虫歯予防や抗菌作用は口臭予防にもなります。

 

定期便なら、初回限定で6,000円オフの3,980円で購入でき、送料も無料なのでお得です。しかも、2回目以降も50%オフの4,980円で購入できます。注意点は、定期便は3回の購入が条件であることです。3回購入すると、3,980円+(4,980円×2)=13,940円(税別)かかります。

 

プレミアムブラントゥースの詳細はこちら>>>

定期便の価格 成分 評価

通常価格9,980円
1回目
 →6,000円オフの3,980円
 送料無料
2回目以降
 →50%オフの4,980円
※表示価格は税別

ホワイトニング成分
・パパイン
口臭予防成分
・ココナッツオイル
・メントール
・キシリトール
・ハッカ葉油

ホワイトニング,口臭予防,歯磨き粉

口臭をケアするだけでなく、歯の黄ばみや歯垢も落としてくれる

上記のランキングで紹介した歯磨き粉は、口臭だけでなく歯の黄ばみや歯垢も落としてくれます。その仕組みや効果を紹介します。

 

歯が黄ばむ仕組み、キレイになる仕組み

まずは、歯の黄ばみについて詳しく説明します。歯が黄ばむ原因の一つは、歯の表面にあるエナメル質に汚れが付着することで起こります。歯は、内側から歯髄→象牙質→エナメル質という3層構造になっており、エナメル質のさらに上にペリクルという膜があります。

 

歯の構造
このペリクルという膜は、タンパク質でできていて、食べ物を食べた時に発生する酸の刺激から、歯を守る効果があります。しかし、ペリクルは汚れを歯に付着させやすくするという性質も持っています。ペリクルは、エナメル質の表面にできた小さい傷を修復する働きもありますが、その作用をするときに色素沈着を起こしてしまいます。これが、歯が黄ばむ仕組みです

 

歯のエナメル質に含まれるカルシウムイオンは+、着色汚れ(ステイン)は−なので、イオン結合して強く結びついてしまいます。一度汚れがつくと、なかなか落ちにくくなってしまいます。

 

上記で紹介したホワイトニング歯磨き粉は、着色汚れとエナメル質の間に入り込み、化学の力で汚れを浮かび上がらせてくれ、しぶとい汚れも落とします。市販の歯磨き粉はペースト状になっていて、中に含まれる研磨剤や清掃剤などで汚れをごしごし落とすものです。刺激が強く、エナメル質に細かい傷をたくさん作ってしまいます。

 

歯ブラシ
しかし、ホワイトニング歯磨き粉は研磨剤なしなので、歯を傷つけず、優しく汚れを落としてくれます。継続して使うことで、歯の汚れを落し、本来の自然な白さになっていきます。1ヶ月〜3ヶ月ぐらい使うと効果を実感できるでしょう。

 

歯垢ってなに?歯垢をケアする仕組み

次に、歯垢について紹介します。歯垢は、プラークやバイオフィルムとも言われる細菌のかたまりです。食事をしたあと、歯磨きが十分でないと、歯と歯の間や、歯と歯茎に間に食べ物のカスがくっつき、それを温床として細菌が発生します。

 

歯垢には虫歯菌や歯周病菌などの細菌と代謝物の塊で、白くネバネバしています。1gの歯垢の中には約1000億個以上の細菌がいると言われています。気持ち悪いですね。

 

細菌
歯垢を放っておくと細菌が作った酸のせいで、虫歯ができてしまいます。また、知覚過敏や歯周病、歯肉炎、歯槽膿漏など、様々なお口のトラブルになるだけでなく、脳や心臓の病気も引き起こします。とっても危険ですよね。

 

歯垢は、毎日の歯磨き、ブラッシングで落とすことができるので、ヘッドの小さい歯ブラシで丁寧ケアしましょう。ホワイトニング歯磨き粉は、いつもの歯磨き粉を変えるだけなので、自宅で簡単に使用できます。

ホワイトニングしながら口臭予防もできる歯磨きで一石二鳥!

このように、ホワイトニングをしながら、お口に潤いを与え、口臭を防ぐ歯磨き粉もあるのです。口臭の原因は90%が虫歯や歯周病などの病気です。スースーするガムで誤魔化すだけでなく、細菌を減らし、歯垢を残さないことが虫歯や歯周病を防ぎ、結果として口臭も予防します

 

タバコを吸う人は特に、黄ばみも口臭もどちらも気になると思います。ここで紹介している歯磨き粉を使って、黄ばみも口臭も気にならい生活を送りましょう♪

 

当サイトおすすめNo.1の「はははのは」はこちら>>>